08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.28 (Tue)

か゜ ~プロローグ~

あれはいつの日だったろうか・・・。


【More】



そうだ。


まだ思春期も訪れていない、うっすらと胸が膨らみ始めた初々しい頃だ。


汗ばむ夏は過ぎ、仰げばトンボが数多く飛び交う青い空が、段々とオレンジ色に侵食されていく空の下。


運動が得意な私は、家からそう遠くない誰もいない静かな公園で、一人我武者羅に鉄棒の練習をしていた。


当時、同級生の間で前方足掛け回りや、後方足掛け回りを連続で何回出来るかを競っていた。


鉄棒には足を掛ける箇所に、えんじのジャージを幾重にも巻いて縛ってある。


これで足の内出血を免れ、摩擦の抵抗も無くなり、技術さえあれば、かなりの回数を回れるのだ。


但し、鉄棒酔いが無ければ、だが。


酔って、嘔吐するまで無理をする友達もいた程流行っていた。


斯く言う私も、一度体験した事は言うまでもない。


しかし、人間の身体もまた順応するもので、この頃には滅多に酔わなくなっていた。
関連記事
04:09  |  勝手に小説  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://syurima.blog63.fc2.com/tb.php/149-fe5eee10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。